webデザイナー独学事典|デザインSEO > 妄想SEOでアルゴリズムを想定 > 画像のスクレイピングもグーグルは評価対象にしている(妄想SEO)
画像のスクレイピングもグーグルは評価対象にしている(妄想SEO)

画像のスクレイピングも
グーグルは評価対象にしている

スクレイピングで構成されたサイトは品質クオリティが低いと判定されます。
一般的には他サイトから引用してきた「テキスト」が主に問題視されています。
しかし実際のところ、スクレイピングの範囲はどこまでなのでしょうか。 
文章だけでなく画像も既にスクレイピングの対象になってて当然ですよね。

というわけで、今回の妄想SEOのコーナーは
画像のスクレイピングもグーグルは評価対象にしているという妄想です。

グーグルは画像もある程度認識できる

グーグルはイメージ検索機能もどんどん高性能なものになってきています。
指定した画像と同じものを検索するという検索はもちろんのこと、
それと類似した画像も検索できますので、スクレイピングかどうか
簡単に判断できるというわけです。

ドロップシッピングのケースに要注意

そもそもドロップシッピングの場合、ASPが用意した商品写真を使います。
大抵のユーザーはASP会社のドメインから直接絶対パスで画像を引っ張ってきて
サイトを構成しています。こうなってくるとスクレイピングかどうかなんて
googleロボットでなくても素人でもソースを見れば簡単に分かります。

ならダウンロードして自社サーバーに入れたらOKか

答えはNOだと思います。前述したとおり画像認識能力が優れているだけに
そういった小手先のテクニックは通用しないと思われます。  

ユニークな画像でより価値のあるサイトに

他でも使われている画像で構築されているサイトと、
そのサイトしかもっていないオリジナルの画像で構築されているサイト、
どちらが価値あるものかというと、もちろん後者です。
(ただしランキングは様々な要素の総合点で決定しているだけに一概には言えない)

そもそもページごとにテキストだけでなく
画像も足して品質を上げることが大事

コンテンツの評価基準として、一般的に1つの記事につき1000文字以上が望ましいとも
言われていますが、(あくまでもロボット的な認識でしかないが)あわせて画像も足すことも
コンテンツの品質評価に何かしらの評価に繋がっている可能性があります。

例えば記事にはテキストだけでなく画像を入れて、より分かりやすくユニークに構築するほうが
コンテンツの品質が高いと評価されて当然です。 (それがオリジナル画像かどうかも
また1つの評価) ただし小手先のテクニックではありますが、ひと手間かけてユーザーにとって
価値のあるコンテンツ作りを意識したいものです。