ペンギンアップデートの最新FAQ

web制作会社が知っておくべき
ペンギンアップデートの最新FAQ

ここではweb制作会社の人間も知っておくべきペンギンアップデートについてFAQ形式で分かりやすくまとめています。webサイトを構築するにあたって、下記で述べるようなペンギンアップデートの対象になるコンテンツ作り及び運用は避けなければなりません。

ペンギンアップデートとは

ペンギンペンギンアップデートとは、2012年4月24日前後にグーグルが実施したアルゴリズムの1つで、主にブラックハットSEOを行なっていたスパムチックなサイトがターゲットとされた模様。主に順位が大幅に下降またはインデックス削除という影響が出たようです。

具体的にどんな場合に影響があったのか

総合的に情報を集めると下記のような手法を行なっていた場合に、影響がでた模様。
ただしここに記載した情報は正式な発表のものではありません。

(A)  コピーや引用しただけのページや内容がほとんど無い薄っぺらいページが多い場合。
(B)  その品質が悪いサイトを利用してリンクファームを行なっていた場合。 
(C)  品質が悪いサイトへのリンクを大量に付けていた場合。 
(D)  SEO目的のリンク集や相互リンクを大量に利用していた場合。
(E)  中古ドメインと301を利用する等のブラックハットSEOを施していた場合。

どうすれば回復するのか

上記のA~Eに当てはまる点があれば、まずはそれを改善しましょう。
品質の低いコンテンツなら高いものに。不正な被リンクがあれば外す等、ブラックハットな手法が
用いられているものを改善してみましょう。しかし原因がハッキリしない状態ですので、
それで回復するかどうかは分かりません。ドメインを変えたほうが早いかもしれません。

再審査リクエストは出すべきか

パンダやペンギンアップデートは、アルゴリズムでしかありません。
ロボットが自動で認識しているものなので、再審査リクエストを出しても対応してくれません。
ロボットが再巡回してきた際に、改善した部分を自動で判断してくれることでしょう。

もしペンギンアップデートの影響では無い場合はどうすればいいのか。

もし2012年4月25日前後に大幅に影響があった場合、強く疑うことはできますが、 
ペンギンアップデートのようなアルゴリズムではなく、グーグルスタッフの目視による
手動ペナルティが課されていた場合は再審査リクエストを出す必要があります。

手動なのかアルゴリズムによるものなのかどうすれば分かるのか。

手動なのかアルゴリズムによるものなのか、それを判断したいなら、
あえて再審査リクエストを出して結果を聞くのも良いでしょう。 
ただし再審査リクエストを出す際はしっかり改善してから出しましょう。 

なぜこのアルゴリズムだけ名前が付けられているの?

このアップデートで影響があるのは3%という大規模な変動が見られるからです。
グーグルは大規模なアルゴリズムにはこうやって特別に名前が付けるのです。
例えばパンダアップデートもその1つです。